2006年07月11日

種ガンの全話、見終わりました。

さて、題する通り全50話すべて見ました。
ちょっとファーストやZっぽい個所がありましたが、凄く楽しめました。

49話のムウが凄くカッコイイ!!!

私が見たのはTV版なのでさらにカッコ良く見えたのでしょう。
(ネタバレ関係は下で)

個人的にはこの続編(?)のDESTINYは期待大ですね。


でも両方見た友人曰く、『SEEDが楽しめた人はDESTINYは微妙かも』との事。

う〜ん、どうなんだろう。

見てみない事には評価のしようが無いので今の私には何とも言えませんが、
「見たい」or「見たくない」で言えば断然「見たい!!」ですね。

誰か持ってないかなぁ〜。


P.S.
最近三国志大戦を一切プレイしてません。
最近ずっとGUNDAM SEEDにハマってたのも一つの原因ですが、
稼動当初「12州が限界だろうなぁ」と思ってたその12州に到達してしまい、
ちょっと気が抜けちゃっててプレイする気になれなかったのも要因でしょう。
何が言いたいのかと言うと、
『決してブログをサボってたのではなく、更新するネタが無いのよ』
と言いたい訳でして。
いや、それだけなんですけどね (^^;


[GUNDAM SEED (結構ネタバレ)]

49話のムウは凄いカッコイイですね。
散り方が良かったです。(実はDESTINYで生きているそうですが)

ブリッジに向かって撃たれたローエングリンの前に立ちはだかり、
『やっぱ俺って、不可能を可能に…』
爆発と共に消えたストライクガンダム。
叫ぶマリュー、『ムウ〜〜!!!』

TV版を見たのでばっちり壊れたムウのヘルメットが宇宙空間を漂ってました。
DVDやその後放送された分ではこのヘルメットが消されているそうですね。
TV版の方を先に見れた私は幸運だったのでしょう。

----------
フレイの役割も最後まで美味しかったです。
いや、亡くなってしまったのですが、物語的には凄いイイ死に方でした。

クルーゼの操るプロヴィデンスのビームライフルに狙われる脱出ポッド。
エルの乗ってる船をデュエルのライフルで落とされたのがフラッシュバック。
ギリギリ盾で防げてほっとした瞬間、プロヴィデンスのビット攻撃で撃たれるポッド。
爆発炎上するフレイが乗っていた脱出ポッド。泣き崩れるキラ。
キラに語りかけるフレイの精神。(Firstのララァみたいな感じ)

やっぱりこの物語中で一番イイ位置に居たキャラでしたね、フレイは。

----------
後個人的に惜しく感じたのは、
最後の戦闘中に散って行ってしまったアストレイ三姉妹。
(いや、実際には姉妹でもなんでもないのでしょうけど)

劇中も脇役中の脇役で重要な位置に居た訳でもなかったのですが、
最終戦闘でアッサリと殺しちゃったので「もったいないなぁ」っと。

まぁ、製作者側的には「戦争は人が死ぬ」って事を印象付ける意味と
「続編に出す予定も無いし…」と言う二重の意味もあってアッサリと
殺しちゃったんだろうなぁ〜っと要らぬ詮索をしている訳ですけどね。
※正確には死ぬ描写があったのはマユラとジュリのみで、
 実はアサギが死んだと言う直接的な描写は劇中に無かった…ハズ。

----------
全て総合して考えてもやっぱり良作でした。
それぞれのキャラが立ってるし、死に役も居なかったし。
(死ぬ役ではなく、作品の中の役割として終わっているキャラ。
居ても居なくてもって感じで本当にどうでも良いキャラ)

アズラエルも個人的には好きじゃないですけど、役割としては良かったし。
パトリック・ザラにしてもラウ・ル・クルーゼにしても然り。

Fisrt > Z > ZZとまた見直そうかなぁ〜。
あ、でもまだ見てない∀ガンダムとガンダムXも見なきゃ。
posted by やむん at 15:47| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。