2006年05月16日

DRUAGA ONLINE 『ナムコの科学力は世界いt ……どれくらいだ?」

昨日ナムコから返事がきました。
丁寧な言葉やヘッダーフッターを取っ払って簡潔にすると、
『正常終了できなかった筐体にそのICを入れてみぃや』との事。
『それでもダメやったらまた連絡くれぃ』ともありました。
昨日お休みだったので早速行って来ましたよ。


[ヤング・カイ [DENEV] / 復帰?入院決定?]


って既にやってる人がいるし!!
まぁ、もう昼過ぎてるしねぇ。
仕方がないので空いている隣のターミナルでテスト。

「このICカードは使用できません」


やっぱダメ?
それともフリーズしたターミナルじゃないとダメなん?
とりあえずギルでクレジットを消化して、問題の台の後ろで待つ。
すると友人が来たので事情を説明。

ドキドキしながら終わるのを待ち、いよいよ自分の番。
そっとDENEVのICカードをスロットに差し込む。







「ICカードを読み込んでいます」





………………



………




…………





「ICカードの読み込みに成功しました」




そして表示される我が紫巫女Verのカイ。

よかった、よかったよぉ…!!! (つД`) グスッ



----------
ここからはあくまで自分の想像なんだけど、

恐らくは不正コピー防止の為にカード情報を読み込んだ時点で
カード内に[読み込み中]という情報を書き込んでいる。
それと同時にターミナルでもカードのID情報を保存する。
正常終了したら最初に入れた[読み込み中]と言う情報を消し、
ターミナル内にあるID情報も削除or別の過去ログに写す。

途中で[読み込み中]の情報が無いカードに変わるとエラー+カード排出。
[読み込み中]の情報があるカードをスロットに入れると現行ログを参照し、
ログにあるIDだった場合はそのまま読み込みを行う。
逆にログに無いIDの場合はエラー+排出。
ログは筐体単位で持ち、他の筐体(タワー/ターミナル)とは共有しない。

こうすることで、中身同じのICカードを複数作る事は出来ないし、
今回のように正常に終了できなかった場合でも、その使用した筐体なら
ID番号でのログがあるので、復旧も簡単。


ナムコは凄いね。
複製されまくりのバーチャ○ンの○ガとか見習ったら良いと思う。
でもまぁ、バー○ャロンは数年前のゲームなのでそれと比べると
ってのもありますけどねぇ。
※最近出たセ○のゲームはやってないので今の仕様は知りませぬ。

いやいや、別に批判じゃないですよ?
普通にバー○ャロン好きですし、いまだに遊んでますしね。

皆様も、もしフリーズ等で正常終了ができなかった場合は
同じ筐体に差し込んでみると良いです。
それでも駄目だった場合にはナムコ病院への入院手続きを…。
posted by やむん at 15:41| Comment(0) | TrackBack(0) | DRUAGA ONLINE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/17887751

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。