2006年01月07日

飛天?イヤイヤ、望郷ですよ

ちょっと時間が空いたので、途中で三国志もやりました。
SR蔡文姫デッキです。
内容
 SR蔡文姫
 R王異
 R賈ク
 UC厳氏
 R周泰
 R呉国太
 柵四枚で総武力20(弱!)

柵はあるけど武力が低すぎる。
これをどうやって計略や運用方法でカバーしていくのかが重要。
さてはて…


1戦目
相手はダメージ計略無しで槍が多め。
蔡文姫が直ぐ踊って周泰と呉国太が手動車輪+厳氏の毒で敵を抑制。
この隙に王異が攻城1発。後は防戦で勝利。

2戦目
典型的な神速デッキ。
厳氏が伏兵2枚とも踏んで撤退。
それで相手があせったのか、士気4〜5程度なのに全軍突撃。
呉国太をぶつけて周泰で手動車輪+王異と賈クで連続突撃。
結果相手瀕死の郭嘉のみ、こちらは瀕死の賈クと復活した厳氏とMAXの蔡文姫。
ここは踊って、厳氏で攻城に行って相手に再起を使わせるタイミング。
ポチ。『兵法レベル9!!』「えぇ〜〜〜〜!!!」
はい、押すボタンを間違えてしまいました…。
とりあえず踊って回復待ち。(厳氏の毒無しだと神速相手はきついので)
相手は再起が残っているので、後方指揮x2で蔡文姫に全軍突撃。
厳氏の毒も使って呉国太と王異撤退で凌ぐが、『兵法レベル7!!』。
ですよねぇ〜。
8割回復したくらいでまたもや蔡文姫に全軍出撃。
こちらの軍と衝突間際に後方指揮。
ん?これだと計算では相手の士気は残り2〜3。
賈クを擦ってポチ。ハイ+8部隊の出来上がり。
武力9の厳氏って見てて気持ち悪いくらい強いですね。
そのまま相手の武将全て屠って全軍で攻城。ハイ、落城。
相手は賈クの計略を忘れてたのかなぁ?

3戦目
蜀単4枚、SR趙雲/R黄忠/姜維/徐庶。
賈クを黄忠に踏ませたかったが徐庶と相打ち。
柵裏からの弓援護もあって瀕死の周泰と半分くらいの王異、全快の蔡文姫。
王異と蔡文姫で相手の残った姜維の両側から抜けて攻城に向かう。
ここで相手が挑発のコストをケチったのが運の尽き。
王異が壁に1発入って全軍帰城。
踊ると雷を落とされるだけなので蔡文姫を弓兵として使い、
守りに守って残り17〜8カウント。相手全軍突撃。
ぶつかり合いをしていると、趙雲がなぜか神速付きで城壁へ。
とりあえず蔡文姫で撃って足止めするが当然食らう。
それで相手が勝った気になったのか、意味もなくまた神速。
残り1カウントでポチ。『金城鉄壁』(城ゲージを回復する計略)
ハイ勝利。

パックを剥くとR張遼が入っていました。
SRが欲しかったのですが、確か誰か張遼を欲しいと言っていた気がするので
とりあえず問題無しかな、っと本日の三国志は終了。
posted by やむん at 16:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 三国志大戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。