2006年03月18日

第四話 「曹昴散る」

正確には曹昴が散ったのではなく解雇なのですがね。
いやだって槍がいないと馬対策が非常に面倒なんですよ。
程イクなら伏兵持ちでもあるので、許チョ,典韋,ホウ徳等を序盤牽制できるんです。
でも総武力が2も減るし、馬が1騎消えるので戦力的にどちらが良いのか…。

これでまた『殿、私の馬を!』が消えました。
って言うか全て旧カードですよ。
でも新カードでUC/Cなのって荀イク,曹昴,曹洪だけなんですよね。
Rを含めても増えるのは李典。ってか李典使えたもんじゃねぇ。

さてはてどうなる事やら…
(前にも似たような事言った気がするなぁ…)

結果から言うと、なんとかかんとか10品まで行けました。
イバラの道でしたけど…。
みんなキラキラ光りすぎです!!
SR,SR,SR,R,UCとか多すぎ。
いや、まぁ私も魏忠を使う前はそうでしたから
あんまり文句は言えないんですけどね。

今回印象に残った戦い一つをピックアップ。

vs元祖覇王デッキ
SR曹操、SRホウ徳、SR賈ク、R楽進、UC程イク

相手は伏兵3体。
序盤に踏まずに敵を殲滅できれば勝ちパターン。
相手の馬2騎の動き方を見ながら伏兵の位置を予想する。
なんとなく満遍なく左右中央に配置しているっぽい。
そうなると、裏を読まない限りは中央が曹操。
馬2騎はオーラを纏い続けるように動かしつつ右端から進軍。
当然、その際は荀攸が先頭。

ドーン、ドーン、ドーーン。
伏兵踏んだ!どっちだ!?
賈ク「まずは奇襲成功。」

よし!賈クだ!!
即座に馬で突撃して賈ク撤退。
ホウ徳と楽進が突っ込んできたので、そのまま乱戦に突入。
さすがに4対2では相手に部が悪い。
半分以下になった相手が左側に逃げる。
当然ここは追わない。その途中に曹操が居るからだ。
もし純粋に城に帰りたい場合はまっすぐ城に帰る。
そう思わせて、って事もあるが今回は無いと推測。
そのまま荀攸が城壁に行って1発殴る。
最悪の事を考えて、撤退経路のちょっと外側に伏兵状態の程イクを配置。
先頭は瀕死の曹仁にして退却。(夏侯惇も三分の一以下なので踏むと死ぬ)
運良くそのまま帰城。
壁に1発入れはしたものの、まだ相手には伏兵2体いる。
荀攸が一人踏んでも死なない程度に回復して出す。
自陣に返ってきた程イクの真後ろに許チョを配置。
その後ろに馬2騎を配置。
程イクを進軍させながら、しかしそれを悟られないように気を配りながら
荀攸で探しながら進軍しているかのように動く。
そうすると相手のホウ徳と楽進が全快状態で出てくる。
また相手はまるで誘導しようとしている気配。
今回は逆らわず、荀攸を先頭で追う。
するとやはり出てきましたSR曹操。
荀攸を追う形でいっしょに進軍した馬2騎で突撃。
その隙に荀攸が程イクの後ろに下がる。
相手の曹操の左右からホウ徳と楽進が迫って来る。
さらに全快状態の賈クが城から出てくる。
ヤバイ、固まっているのでここで離間を食らうと最低3体は入る。
しかしここで散らばると各個撃破されてしまう。
相手の程イクが見えないから大水系も打てない!!!
と思ってたら、「あ!」、自軍城壁に相手程イク出現…。

ザザァー!!!

曹操瀕死、楽進撤退。(ホウ徳は範囲外だった)
直後許チョの弓で曹操も撤退。
急いでばらける我が軍。
そうすると相手は何を思ったのか、ホウ徳が荀攸の所に来る。
イヤ、しばらくは大水系打てませんのに…。
しかも運良くホウ徳の進路上に程イクが潜んでいる。

ドーン、ドーン、ドーーン。
程イク「来ると思ったわ。」

ホウ徳撤退!!
即座に荀攸を自軍城壁にいる程イクの方に行かせるが、当然1発食らう。
相手の程イクにそこから動いて欲しくないので接触せずに弓で撃つ。
(上手く行けばもう一発入れる事ができるので、こうすると帰らないと判断)

これと同時に残り全軍で進軍。(離間は食らわないようにある程度離れて)
武力6/7/8なので賈ク本体は無視の方向性で。

夏侯惇を城門に入れ、その後ろに許チョ+程イクでマウントの構え。
ここまで来たら曹仁で賈クの相手をする。
そうすると相手賈クは許チョの弓を食らいながらも乱戦。
撤退後すぐに再起。しかしそれでは遅く夏侯惇で城門1発。
逆転したがその後すぐに相手の程イクを城壁に食らい、再逆転。
食らった直後に程イクが撤退したのですぐ荀攸を許チョの後まで行かせる。
すると相手が出てきた!!

曹操「皆の者、力を見せよ!!」
程イク「ワシには通じんよ。」

すると相手は横に移動して再度。

曹操「皆の者、力を見せよ!!」

追随するように程イクを動かしはしたがこれは止められず…。
蹂躙される我が軍。
ここでようやく荀攸到着。

ザザァー!!

ホウ徳と楽進は撤退するが、武力14の曹操と7の賈クがまだまだ健在。
可能な限り相手の兵力を減らすようにするが荀攸以外がすぐ撤退。
即再起発動。
ちょっと待ってから馬以外の全軍で出撃。
このころには荀攸撤退。相手はすぐ城に帰る。
相手の使用計略とタイミングからして使える計略は無い。
馬2騎もタイミング合わせて出して相手の城門に夏侯惇、ちょっと離れた城壁に程イク。
許チョ+荀攸でマウント。曹仁は遊撃部隊の構え。

当然出てくる曹操と賈ク。
しかし武力1の賈クは早々に撤退。
城内突撃が出来ないのか、曹操は夏侯惇と普通に接触。
さすがに3(+突撃)対1ではどうしようもなくしばらくすると曹操撤退。
このまま攻城していると復活した程イクが出て来るが焼け石に水。即撤退。
そのまま落城。

相手の腕が悪かったとは言え、覇王デッキ改の荀イクタイプだったら勝てなかったろうなぁ。


結果
10品 18勝 17敗

[獲得SR/R]
魏:R曹操,R徐晃,R左慈
蜀:R姜維
呉:SR太史慈,R陸遜
涼:R陳宮,R馬岱
posted by やむん at 11:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 三国志大戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/15017287

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。